catch-img

税理士のSEO対策に必須。グーグルサーチコンソール

こんばんは!

ベンチャーフォワードの山本です。


今日も、九段下のオフィスから

成果につながる集客・営業ネタをお届けいたします!


ホームページに必ず入れて欲しい無料ツールの1つ、

グーグルサーチコンソールをご紹介します。


無料で使うことができます。


グーグルサーチコンソールを使うことで、

SEO対策の施策が驚くほど進みます。


・検索エンジンに直接読み込み依頼をかける方法

・SEO対策の成果確認の方法と改善の方向性


などをわかりやすくまとめてみました!


それでは、見ていきましょう!


目次[非表示]

  1. グーグルサーチコンソールってなに?
  2. 狙っているターゲットキーワードの掲載順位をチェック
    1. 狙っている検索キーワードで検索結果に表示されていない場合
    2. 例え順位が低くても狙っている検索キーワードで表示され始めた方
  3. 上位表示され、よくクリックされているページをチェック
    1. 更に上位を目指すべく、そのページに内容を追加しましょう
    2. そのページの問合せを促す導線を確認しましょう
  4. 作成した記事は、fetch as google機能を使って検索エンジンに申請!
  5. まとめ



グーグルサーチコンソールってなに?


グーグルサーチコンソールは正式名称をGoogle Search Consoleといいます。


グーグルサーチコンソールのホームページはこちら


グーグルが提供する無料のサービスです。


▼グーグルサーチコンソール管理画面


グーグルの自然検索結果(広告枠以外の表示部分)で、あなたのホームページが


どのようなキーワードで検索されたときに

どのページが何位で表示されているか

何回表示されたのか

どのくらいクリックされたのか


などを、計測することができます。



狙っているターゲットキーワードの掲載順位をチェック


あなたのホームページのトップページや、

トップページ以外の下層ページ(ブログページなど)が

どんなキーワードで調べた時に

自然検索結果で上位で表示されるかがわかります。




狙っている検索キーワードで検索結果に表示されていない場合


狙っている検索キーワードを含めたタイトルでブログをいくつか書きましょう。


※詳しいタイトルの考え方はこちらのページを参考にして下さい。


検索エンジンはページのタイトルを見てどのキーワードで上位に上げるかを決めます。


作成したブログ記事のいくつかが、検索エンジンにヒットしてくれます。


最初は、90位、80位など、とても低い掲載順位かもしれませんが、まずは100位圏内に入るブログ記事が出てくるよう、いくつか記事をアップしておきましょう。


最初から50位以内に、場合によっては10位以内に上がってくるような、評価の高いページの書き方は下記をご覧ください。



例え順位が低くても狙っている検索キーワードで表示され始めた方


ホームページの更新頻度を週一~できれば毎日を目指して更新していきましょう。


ホームページの更新頻度はホームページ全体の評価を高めます。


ホームページ全体の評価が高まると、低い掲載順位で表示されているブログ記事の1つ1つも、少しずつその順位を上げていきます。


100位圏内にあがっていれば、あとはサイトの更新頻度を上げていけば、いずれは10位を目指せます。


①でどんどん種をまき、②でどんどん育てていきましょう。




上位表示され、よくクリックされているページをチェック


どのページが掲載順位の上位に表示されているか調べることができます。


よくクリックされている、上位表示されている記事を見つけましょう。


そして、どんなキーワードで調べた時にそのページが何位に表示されているかを調べましょう。


そのページは、多くのアクセスを獲得してくれる主力ページです。




更に上位を目指すべく、そのページに内容を追加しましょう


そのページの表示順位が1位でなければ、1位を目指すべく内容を追加していきましょう。


どんなキーワードで調べた時に、何位かがわかりますので、

そのキーワードで調べた際に上位表示される競合の記事の内容をチェックして、

競合より充実した内容を目指して、中身を追加していきましょう。



そのページの問合せを促す導線を確認しましょう


ページを読んだ方が、あなたが欲しいアクション(無料相談)を起こせるよう記載がありますか?

又は、バナーの設置がありますか?


導線を見直すだけで、問合せが出てくることもざらにあります。


見直してみましょう。




作成した記事は、fetch as google機能を使って検索エンジンに申請!


このFetch as Google機能は超強力です。


通常、ブログ記事を作成した際、検索エンジンの「クローラー」というロボットに読み込まれるまで期間が空いてしまいます。


それを、「こちから読み込んください!」と依頼し、すぐに読み込んもらう方法です。


まず、先ほど見て頂いた画面は2018年にリニューアルされた新しい画面になりますので、以前のバージョンに戻します。

下記の赤枠をクリックします。



そうすると、下記の画面に切り替わりますので、左のメニューから「クロール」を選択し、更にメニューが出てきますので、「fetch as google」をクリックします。(下記①)



やり方は簡単で、上記②の部分に検索エンジンに読込んで欲しいURLを入力し、上記③でスマートフォンかPCかを選択し、て「取得」をするだけです。


読み込み方法には2つの種類があります。

上記④の部分です。上記④の部分は下記の2つを選択できるようになっています。


①この URL のみをクロールする: 1 日につき 10 件まで

②この URL と直接リンクをクロールする: 1 日につき 2 件まで


指定したURLだけを読み込んでもらいたい場合は、「このURLのみをクロールする」を選びます。

もし、ホームページ全体や、指定のページに貼られているリンク先ページのすべてを読み込んでもらいたい場合には、「このURLと直接リンクをクロールする」を選択しましょう。



まとめ


以上、


税理士のSEO対策に必須。グーグルサーチコンソール


について、お話させて頂きました。


無料使えるツールですし、導入の手順はグーグルサーチコンソールのホームページにわかりやすく記載がありますので、ご確認下さい。


もしわからなければ、ホームページ制作会社に依頼すれば、ほとんどの場合、設置してくれるとはずです。


ぜひ、参考にして頂き、SEO対策に役立ててください!

フェイスブックページで
最新情報配信中!
ぜひ「いいね」を
お願いいたします!

メルマガで最新情報を受け取る
30秒で登録

人気記事ランキング

タグ一覧